セミナー情報

【2015.10.08】第6回「その服装(かっこう)?それじゃ研究は伝わらない―着こなしも、プレゼンスキルの一つです―」

開催概要

  • 日 時:平成27年10月8日(木)18時30分~20時00分
  • 会 場:北海道大学 工学部 フロンティア応用科学研究棟 1階セミナー室(北13西8)
  • 定 員:なし
  • 参加費:500円(軽食・ドリンク付)

専門分野のプレゼンテーション時、テレビなどでコメントを求められた時、記者会見など公の場での自分の演出方法を洋服のスタイリングで見つけ出せるセミナーです。TPOや会場の人々にあわせた場面のお洒落や、普段の生活でのお洒落など気軽に出来る自分の演出方法をご紹介致します。

スタイリスト歴20年以上の石切山祥子さんが体型や年齢それぞれの個性を表現する方法をお話しします。

講師プロフィール

speaker_06_ishikiriyama
石切山 祥子(いしきりやま さちこ)氏
スタイリスト事務所SPUTNIK  代表

1988年よりフリーランスのスタイリストとして独立し、2000年にスタイリスト事務所「スプートニク」を設立。以降、テレビ番組、コマーシャル、広告スチールなどの撮影スタイリストとして活動中。衣装からインテリア、家具、食器、料理、雑貨などのスタイリングも手掛ける。ファッションショーや新聞・雑誌でのコラム連載、講演、トークショーなど幅広く活躍中。最近では個人のスタリングアドバイスや、障害のある人のためのお洒落な洋服の製作などにも精力的に取り組んでいる。


セミナーレポート

講義を終えて

10月8日(木),フロンティア応用科学研究棟1階セミナー室において,研究者のためのスキルアップセミナー⑥「その服装(かっこう)?それじゃ研究は伝わらない―着こなしも、プレゼンスキルの一つです―」を開催しました。

第6段となる今回は,TPOに合わせた服装の身だしなみ,表現力アップのための自分の演出方法について学ぶことを目的として,「表現力アップのための魅せ力,着こなし術」をテーマに,スタイリストの石切山祥子氏にご講演いただきました。

セミナーの初めには,参加者同士で印象チェックを行い,また,講演中,石切山氏はマネキンを使用し,実際にコーディネートを作りながら説明するなど,セミナーは実例を交えて進みました。後半では,会場から選ばれた参加者がプラスアイテムで変身し,活発な質問がなされる中,ときおり笑顔もこぼれるなど,終始なごやかな雰囲気でした。

教職員・大学院生を中心に67名の参加があり,アンケートの結果,スキルアップセミナーに参加するのが「はじめて」の方が5割以上でしたが,ほとんどが内容に「満足」「まあ満足」という回答であったほか,「面白い企画です」「これまでにない内容のセミナーだったので今後も期待しています」などの意見も数多く寄せられ,当セミナーへの関心の高さがうかがわれました。

 

当日の様子

s6_photo03 s6_photo04s6_photo02s6_photo01s6_photo05

アンケート結果

ご意見・ご感想

  • 様々なコーディネートを見る事ができて、とても参考になりました。自分の服装が相手に与える印象を考えながらプレゼンにのぞみたいと思いました。
  • 伝える姿勢。伝えたいことのシャワーのようでいろいろ吸収できました!映像も効果的に使われていました。具体例列挙もいいですね。
  • 説明がていねいでわかりやすかった。具体的なコーディネート例があったので参考にしやすかった。
  • 今まで受けてきたセミナーで楽しさTOP3に入るくらい面白く学べました。できれば、より学会発表等、実践的な場でファッションのコツをもっと学びたかったので、また是非セミナー行ってください。今日は普段の大学での着こなしによく役立ちそうです。
  • 参考になった。石切山さんを北大専属で雇ってほしい。

 

参加者限定コンテンツ

参加者限定コンテンツでは、セミナーの動画・資料がご覧いただけます。

※セミナーで配布したパスワードをお持ちの方のみご利用いただきます。