医療・創薬科学プラットフォーム

医療・創薬科学プラットフォーム 

 北海道大学は、文部科学省イノベーションシステム整備事業 先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラムによる「未来創薬・医療イノベーショ ン拠点形成」事業で、産学連携型の拠点形成事業を推進してきました。この10年間におよぶ創薬・医療の研究開発事業を通して、北海道大学ならではの「医療・創薬科学プラットフォーム」を、創薬と医療の産学連携を支える基盤として整備しています。

 本学が構築している「医療・創薬科学プラットフォーム」では、北海道大学の持つ研究開発の基盤機能をシームレスに連結し、探索ステージから臨床ステージまで一気通貫の研究開発体制を整備します。また、必要な機能の有機的連携を可能とするコーディネーション機能や、企業との協働の支援体制を一元化するなどの 産学連携のためのマネジメント体制を整えます。また大学内にある最先端研究機器の利用も可能な体制を整えます。

 これらの体制により、本学と企業とが一緒になって未来の成果を創出する産学連携を支援し、その研究成果がより迅速に、また省力化して製品やサービスとして社会に普及させていくことに貢献します。

北海道大学の創薬・医療の研究基盤を担うセンター・施設など 

 
学内組織・施設 機 能
北海道大学病院・臨床研究開発センター ニーズ探索、シーズ探索、バイオバンク、臨床評価、患者にやさしい治療、橋渡し研究の加速
次世代ポストゲノム研究センター シーズ探索、標的探索、SBDD、解析ツール、創薬アプリケーション開発
創薬基盤技術研究棟
(シオノギ創薬イノベーションセンター)
シーズ探索、標的探索、解析ツール、体外診断、バイオマーカー研究
生物機能分子研究開発プラットフォーム 動物実験支援
創薬科学研究教育センター 化合物探索、バイオ医薬研究
人獣共通感染症リサーチセンター 感染症研究
医学研究科連携研究センター 体外診断、分子画像診断
アイソトープ総合センター イメージングによる薬効評価、分子画像診断
オープンファシリティプラットフォーム 最先端研究機器の利用